2011年07月08日

気仙沼1日目

定刻10時になる頃、仙台港にゆっくりフェリーが入っていくのを、甲板に出て見ました。
フェリーから見える港は、一見普通でした。もう四ヶ月、だいぶ復旧して日常に戻ったんやな、と一瞬思いましたが、
大型船が陸に乗っかってる風景が見えて、現状を再認識した。
しっかり見れば、津波の爪痕はそこらじゅうにありました。
気が引き締まる。

仙台港から一路、気仙沼を目指す。
復旧のため、通行止めや工事車両のみの区間があったが、道路は思ったよりスムーズだ。
まだ信号が壊れたままの交差点があり、ドキドキしながら、通過したりもした。

気仙沼まで約三時間半の道程の途中も、様々な光景があった。
ガレキ集積場へ続く長いダンプの列。
以前は田畑だったような場所にたくさんのゴミやクルマが手付かずで残ってる。
ガレキの撤去がおわり、骨組みだけになった建物。
アップダウンしてる道路や
posted by michito at 22:39| Comment(1) |
この記事へのコメント


アップダウンしてる道路。
たくさんの非日常な光景もここではリアルな日常なんですね。

気仙沼市災害ボランティアセンターに3時過ぎに到着。
受付をして、近くの公園に設けられてるテントサイトに。
今日は、10張くらいのテントが点在してる中、
管理人さんに説明を受け、テントを設営。

今日は特になにもないから、これからの生活に必要な銭湯、コインランドリー、スーパーなどをチェックしに近隣をうろちょろ。

日が暮れたころ、管理人さんの声掛けで、ちょっとした酒盛り。
公園で。ホームレスみたいやな〜。

ボランティアに来られてる方々、北海道から沖縄まで、各地からお越しでした。
クルマで、電車で、船で。
滞在期間もマチマチですが、みんななんか突き動かされたようです。


おやすみなさい。
Posted by みちと at 2011年07月08日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]