2011年10月28日

祝☆

弟が12月に結婚することになったと、親から連絡が来た☆

9つ下の弟。あいつが、いよいよ結婚なんやな〜。

お相手は、沖縄の方だそう。
うちの兄弟は、どんどん親から離れていってるな。。
なんとも、親不孝をしてるなと改めて思うと少し感傷的になる。
感謝はしてても孝行はできていない。


ともあれ、弟の結婚はめでたい。
12月に勤務地である大阪で挙式なので、ひさしぶりに関西に帰る☆
結婚式も大事やけど、いろいろ行きたいとこありまくる☆


親からの連絡の中でもうひとつ嬉しい事があった。
もうひとりの弟に、彼女が出来たよう。

これはうれしい☆
おもわず泣いた。

10年かかった。

10年前に彼は婚約して同居していた女性を自殺という形で失った。
その彼女に僕も仲良くさせてもらってた。
彼女は、首から下が麻痺してる半身不随でした。
そんなハンデもありながら、大学に通い、海外にも積極的に行き、
僕がやってた音楽イベントにも遊びに来てくれたり、
とにかくアクティブな女性でした。

でも周りには見せない影の苦労や苦悩を、弟から聞いたり、たまに見せる表情からある程度は察してはいた。
でも所詮本人の苦悩や葛藤は、誰にもわからない。
実家での両親との軋轢などから、ふたりは一緒に住むことを決め、お互いの両親に相談し、アパートを借り生活を始めた。

一緒に住めば、世間並みに男女の揉め事はある。誰しも嫉妬や不満は持つのは通る道だったろう。


10年前の9/19、弟から電話がきて、彼女の死を知らされた。

前日、痴話喧嘩をして別々の部屋で寝た。その日の朝、弟の隣の部屋で彼女は旅立った。

電話の後、事情聴取されてる警察署へ慌てて行った。

それからの何日、何週間は、いま思い出しても悔しくなる。


彼女の葬儀の後、僕は弟に付き添って、彼女の実家へ行った。
なぜ彼女がそうなったのか、弟が分かることを説明するためだった。
葬儀まで実家には毎日顔を出してはいたが、皆が何も手に付かない状況だったから、タイミングをみての訪問だった。
彼女の両親の質問攻めだった。
彼女は直接的には遺書のようなものは残さなかった。
父親は、弟に、あやめたのならいってくれ、と言った。

弟もぼくら家族も、葬儀では一般席に座った。世間体だった。

彼女の友人たちもたくさん集まり、みな嘆き悲しんでいた。

それぞれが、自分の無力さみたいなものを嘆いていた。

生前に彼女から相談を受けていた友人がいた。
弟との痴話喧嘩や悩みだったそうだ。
その友人たちは、死の原因を見付けたかったのだろう。
弟を責めた。


彼女の両親も、友人たちも、彼女が死ぬまで何をしてた?何かしてあげたんか?と言いたかったが、
弟が耐えるのを見てぼくも沈黙した。

数週間の間、連絡とれない日は、弟のアパートの前に行き帰りを待った。


暫くして、彼女の両親がアパートの荷物を引き揚げに来た。
ほとんどの物を引き上げられた。弟には写真くらいしか残されなかった。


それからの弟の気持ちは計り知れなかった。

何年もカウンセリングに通ってもいたようだ。


弟は、何年かひとりでそのアパートに住んでいたが、
そこを出てワンルームマンションに引っ越すと電話が来たので、引っ越しを手伝いに行った。
その時、ひとつ区切りをつけたのかなと勝手に思った。


毎年、吉野にある彼女のお墓へ行っていた。
ぼくらの家族にとっては彼女も家族である。
12月に関西帰ったら、なんとか吉野へ行きたい。


そんな弟に新しくパートナーが出来た。

10年。早いのか長いのかはわからんけど、ひたすら嬉しい。よかった。

うまくいってくれることを、野暮ではあるが遠くから見守りたい。




*ぼくの主観的な話です。
だれかを困らせたりする意図はありません。
そこのところご理解ください。
posted by michito at 01:37| Comment(1) | michito
この記事へのコメント
2人の弟さんに、おめでとう!
生涯を共にする相手を見つけたこと、10年かかってまた大切に思う相手に出会えたこと、親孝行だと思います(*^∇^*)

大きな壁をどこかのタイミングでポンと乗り越えたのか、
たくさんのハードルを順に越えてきたのか、または両方か…?
私にはわかりませんが、その分の幸せは必ず訪れるんだと思います!

離れた土地で頑張るお兄ちゃんも、たくさんの幸せを感じられているなら、それも孝行のひとつだと思います!!

なんて偉そうなこと書いてますが、私自身は相当な親不孝者ですがね…。

頑張るmichito氏を見て、思い描く自分に近づけるように頑張ろうと触発されてる単純な私です。
きっと、札幌で成功して下さい!

と、一月前の日記にコメントしてみる…(;´▽`)
Posted by en614 at 2011年11月27日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]